相続を受けた時の税金や相続放棄をする方法

相続税を納める期限はいつまでか

相続税とは亡くなった被相続人の相続財産を相続して受け継いだ場合にかかる税金の事です。金額によっては税金が発生しない事もありますが、ある一定の額を超えると相続税の支払い義務が相続を受けた人に発生します。

相続した遺産に相続税がかかる場合は相続した人が相続開始を知った日の翌日から10カ月以内に申告と納税を行う必要があります。これは相続人全員に課せられた義務なので、相続人が複数人いた場合は全員が10カ月以内に申告と納税を行わなければなりません。

もし期限内に申告と納税がされなかった場合はペナルティがあって罰金や利子がつきます。申告や納税がされていない場合だけでなく、されているものの過少申告されている場合でも罰金があります。

相続を放棄する為には

親族などが亡くなって自分に相続権があったとしても必ず相続をしなければいけない訳ではありません。相続とは財産だけでなく、債務を含まれるので残っている資産よりも債務が大きい場合などは放棄する人が多いです。

明らかに相続した方が損だという場合だけでなく、相続後の相続税の事を考えると放棄した方が良いというケースもあるので、相続する前に専門家などに計算してもらう方が良いです。

相続を放棄する為には相続権のある人が相続が発生する事を知った時から3カ月以内に行わなければいけません。手続きは裁判所に対して行いますが、本人が直接行うのではなく、弁護士などの代理人に依頼して手続きをする事もできます。

相続税の相談を横浜に居を構えている相続税に詳しい法律事務所にすれば、簡単に問題を解決してもらうことができます。

相続税の計算方法を理解して節税対策をする!

相続税の計算方法は難しくない

税金の計算方法を難しく感じる人は多いですが、相続税の計算は意外と難しくありません。まず、遺産の額から債務や葬儀代、仏壇や墓などの非課税財産の額を差し引きます。次に、生命保険金などのみなし相続財産の額や、相続時精算課税および被相続人が亡くなる前3年間において贈与した財産の額を加算して課税価格を計算します。そして、課税価格から3,000万円に法定相続人一人につき600万円を加算した基礎控除額を差し引き、その残額を法定相続人が民法に規定した割合によって取得したと見なして分割します。この時、相続放棄をしている人も法定相続人に含みますが、欠格事由に該当する人や相続人から廃除された人は含まない点に注意が必要です。そして、分割した金額に税率を掛けて税額を算出し、それぞれの税額を合算したら、その相続税の総額を実際に遺産を取得した人の課税価格に応じて振り分けます。最後に、納税者が被相続人の配偶者および一親等以外の者であれば税額に2割を加算し、配偶者や未成年者であれば税額控除、あるいは贈与税があればそれを控除して、納付する税額を計算します。

節税対策は評価額を下げるか、控除を増やすか

相続税を節税するには、遺産の評価額を下げ、課税価格を抑える方法と、法定相続人を増やすなどして控除額を増額させる方法があります。前者は、住宅取得、教育、子育てなどに係る資金の生前贈与に係る非課税の特例や相続時精算課税、あるいは小規模宅地等の特例などが活用できます。後者は、養子を増やしたり、相続放棄をする事で後の順位の人を相続人とする方法があります。ただし、後者は遺族同士の争いを避ける為に、事前に協議をしておく事が大切です。

相続税の税理士を東京で探しているなら、事務所の特徴を把握することがポイントです。相続税の問題に自信がある事務所が見つかりやすくなります。

人件費を減らしたいなら依頼しよう!社会保険の手続きも頼めるよ!

人件費を抑えながら会社経営をしたいときに相談

会社の経営は、最初は一人からでもできます。しかし大きくなればどんどん人が必要になります。従業員を雇うようになれば、それらの人に給料を払わなければならず、いろいろな労務費用の負担が出てきます。これらは人件費と言われ、会社の運営にはそれなりの重荷になります。何とか人件費を抑えながら経営ができれば思うかもしれませんが、その時に頼りたいのが社会保険労務士です。社会保険や労働保険の専門家で、労働関係のコンサルタントもしてもらえます。人件費はむやみに下げると法律違反になったり、働きたいと思ってもらえません。法律違反にならず、しかも働きたいと思ってもらえて、さらに会社にとっても負担にならないような方法を教えてもらいましょう。

社会保険や労働保険の手続きの相談をする

一定の規模の会社であれば、従業員を雇用すると社会保険や労働保険の加入手続きが必要になります。書類を国の機関などに送れば行えるので、資格の取得や喪失の手続きなどは比較的簡単にできます。会社の代表者であったり、代表者が指示をした労働者などであれば行えます。しかし、他社等が勝手に代行などはできません。この代行ができるのが社会保険労務士で、この業務はこの資格を持った人しか代行できない仕組みになっています。一般の会社であれば自社でできるかもしれませんが、従業員の入退職が激しい会社であったり、社会保険の手続きが多いような会社では事務が大変になる可能性があります。その時には依頼をするとよいでしょう。給付の手続きなどもしてもらえます。

社会保険労務士の就業規則はとても重要なものなので、社会保険労務士はこの規則をしっかりと守る必要があります。

社員研修成功の鍵!理解しておくべき事前準備とは

社員研修には事前準備が必須です

社員教育に必要な社員研修は、たくさんの会社組織が行っています。しかし中には、成果が上がらないと感じ取る企業も多いと考えられます。そして社員研修そのものは形骸化されてしまい、平凡な行事という形で済まされることだってあるでしょう。その多くの原因は研修を受けることになる従業員サイドの心の持ち方にあると考えられます。実際に、よく知られている外部委託研修であれば、結果が出せないほうがおかしいと考えても無理はないといえるでしょう。しかしながら実際の所、成果が上がらない要因は別のところにあります。社員研修を実行するためには、実の所事前準備がとても重要になります。まず第一に研修を受けることになる社員が属している部署においてヒアリングを行って、どういったスキルを身に付けることが求められるのかを確かめます。仮によく知られた講師の研修を受けたとしても、そのことが実務関係で生かされなければ役に立たないからです。それからその技術を手中にするための研修を適切に選定することが大切になります。次に、研修を受けることになる社員に対しての通知です。社員研修が実施されることのみを知らせすることはいけません。何が目的で研修が欠かせないのかを説明することが重要になります。

社員研修と会社組織の理念との関係性

そして、忘れていけないことは、受けることになる社員研修自体が会社組織の経営理念にふさわしいものであるか確かめることです。たとえば、社会的な貢献を理念としている会社組織が、収益追求を メインとするような研修を選択してはいけないことを意味します。こういった研修を受けることになると、社員は乱されてしまいます。そういった点には留意することが大切になります。

mg研修とは、マネジメントゲーム研修のことです。この研修はボードゲームを通して、企業経営を疑似体験できますので、経営者目線からの思考を身に付けられる研修です。

社員研修の重要ポイント!研修を意義あるものにする方法

社員研修の想定外の利点とは

社員研修となりますと、コンプライアンス意識、あるいは基本的なスキル向上をその目的として行われる傾向が見られます。 常日頃より、日常的な業務で忙しくしていると、予想以上に、チームの仲間との対話は少ないと言えます。その為、コミュニケーションが足りない状況から、色々なトラブルが起きたり、従業員間の連携が効果的にいかなかったりといった結果になり易いといえます。こうした問題点を避けるために、仕事終了後に、飲み会並びに親睦会を開く会社組織は少なくありません。 しかしながら、社員研修も、このことと共通した効果を発揮することがあります。言うまでもなく、会社サイドのやり方によりますが、社員研修している間に、自由自在に考えを交わせる状況を設けたり、研修した後に一緒になって帰ることで、社員間の連携が向上します。意図的に、研修時間を昼の休憩を跨ぐように実施することで、休息時間に一緒になって食事するきっかけになります。社員研修は、そういったメンタル的なメリットもあります。

社員研修は興味を持って加ってもらうことが重要です

あらためていうまでもなく、社員研修のメイン眼は、基礎的なスキル、あるいは技能向上などが挙げられます。親睦のみが目的であれば、飲み会などを開いたほうが、能率はよいでしょう。その一方で、社員研修を煩わしいと感じる人がいるのも否定できない事実です。労力をかけて実践しても、話しを聞いていないか、聞いていても、業務に反映されない社員はいます。そのため、問題意識を持ち、研修に対して主体的に参加させるのが肝要になってきます。臨機応変に、研修の参加者に対して質問をするなどにより、意識を改善する取り組みが必要不可欠です。

マネジメントゲームとは経営者育成研修です。参加者ひとりひとりが社長となって会社を経営していくゲームです。期末には決算書を作成し次期の経営、というように2日にわたって5期の経営を本格的に進めていきます。

バイク初心者必見!保険に加入する時に行う見積もりのこと

代理店での見積もりの取り方

これからバイク保険に加入するのであれば、まずは見積もりを取っておいた方が良いでしょう。いろんな保険会社のものと比較しておけば、値段が安いところがわかりますし、自分に合った保険が見つけやすくなるからです。

代理店に行く場合なら、車検証と免許証を持って行きます。すでにバイクや車の保険に加入しているなら、保険証券があるとさらに検討しやくすくなるのです。

それから保険金額に関しても、事前に決めておくと見積もりを取るのがスムーズです。例えば対人や対物は無制限にしておくといった具合です。自分だけでは決められないなら、担当者に聞いておけば教えてくれます。そして見積もり書を作成してもらい、それを持って他の保険会社に行って、同じことを繰り返しましょう。

インターネットを使う場合

パソコンやスマートフォンから各保険会社のホームページにアクセスすれば、見積もりを取ることは可能です。

基本的には代理店で聞かれるようなことを、自分で入力する形になります。新規なのか、契約の更新か、事故の有無や等級といったことです。加えてバイクの車種や年式、対人や対物といった保険内容も専用画面に打ち込んでいきます。

代理店の時と決定的に違うのは、保険に加入する人がすべて判断しなければいけない点です。いざという時に困らないように、ロードサービスや弁護士に依頼できるようにするかといったことなど、隅々までチェックしておきたいものです。ただ、インターネットの方が比較が容易ですし、保険料が割安になることが多いのがメリットです。

バイク保険の見積もりをする際は来店の必要はありません。サイトから簡単に実施可能なのでネット環境とパソコン、携帯電話などがあればすぐにでも取り組めます。

自動車保険とは違う、バイクならではの用意しておきたい補償内容

バイクは車両に関係するトラブルが多い

自動車は正しいタイミングで整備を行っていれば走行ができなくなるほどの車両トラブルに見舞われることはそれほどありませんが、バイクはエンジンなどが露出しており、部品の劣化が早く進みます。そのためツーリング時に動けなくなることも考えられるのです。

ロードサービスを無料で行っていることなど、事故以外のマシントラブルに対応した補償内容を付けておきたいところですね。

車幅が小さくても油断はできません

バイクは自動車よりも保険に対する意識が低いと言われています。所有者の年齢が低いこともありますが、車幅が小さいことから加害者になる可能性が低いと考えられています。しかし油断は禁物。保険選びの際には対人対物共に無制限のタイプを選びましょう。対物を無制限にしても年間の保険料はそれほど変わりません。出会い頭などで歩行者と接触する可能性が十分にあることを肝に銘じておくべきです。また、バイクの事故はほぼ確実に搭乗者が負傷します。自らのケガを補償することも非常に重要と言えるでしょう。

意外と見落としがちな盗難保険

バイクは盗難されるリスクが非常に高いものです。盗難されるのは車両全部ではなく、パーツ単位で被害に遭うことも考えられます。盗難保険によっては部分盗難が補償対象外になっていることも多く、注意しておくべき点です。但し部分盗難までを補償内容にすると保険料が高くなる傾向があります。購入額や購入した時の経済状態などを考慮して払う価値があるかを判断しましょう。屋根付きの車庫に置くなど、盗難に遭いにくい環境を作っておくことも重要です。

バイクに限らず保険料やプランは保険会社によってバラツキがあるため、バイク保険比較を行い、自分に適したものを見つけることが大切です。

知っておきたいペット保険!ペットの種類や金額について

犬のペット保険について

犬のペット保険はメジャーです。動物病院の診察料や治療費、手術費などを補償します。補償の程度によりますが月々1,000~2,000円の保険料となっています。また歳を重ねるごとに保険料も高くなっていく傾向です。

猫のペット保険について

猫のペット保険も犬のに続いてメジャーです。これも保証内容によりますが月々1,000~2,000円程度ですが、猫は犬に比べて動物病院にお世話になる確率が小さいことから数百円ほど安くなっています。犬と同様に都市を重ねていくにつれて保険料が高くなっていく傾向です。

鳥類のペット保険について

鳥類にもペット保険はあります。小型の文鳥からインコ、猛禽類のフクロウまで数は少ないですが加入できるペット保険があります。気になる保険料は2,000円前後と犬や猫に比べて割高ですが、動物病院での治療費も高いので妥当だと言えます。こちらはペットが年齢を重ねても保険料が一律の場合が多いです。

小型哺乳類のペット保険について

うさぎやハムスター、モルモットなどの小型哺乳類が加入できるペット保険があります。気になる保険料は2,000円前後となっています。

これらの動物は寿命が短く、動物病院でも診察を受け付けてない場合もあり加入するか迷うところです。

ペット保険のまとめと加入のすすめ

大切なペットが動物病院のお世話になると多額の治療費が請求されます。もし異物を誤飲し手術となると10万円ほどの治療費が掛かってしまいます。

ペットに降りかかる災難はいつ来るのかわかりません。そのためにペット保険に加入してみてはどうでしょうか。

ペット保険の比較には、インターネットから簡単に行えます。多頭飼いの飼い主様に強い保険や、とにかくシンプルな保険など、見積もりはすぐ取れるので一度見積もりだけでもとってみてはいかがでしょうか。

個人型確定拠出年金「iDeCo」についてご紹介!年金との違いは?

個人型確定拠出年金って何?

日本では二十歳になると国民全員が何かしらの年金に加入しています。年金は掛け金や貰える金額に差はあれど、基本的には国が一括で管理をし、ある年齢以降になると、決まった金額を月々に貰えるという制度なのですが、個人型確定拠出年金とは、例えば同じ金額を掛けたとしても、運用先のパフォーマンスによって貰える金額が変わってくるという少々個人責任の強い年金制度になります。

選べる運用先って何があるの?

主に元本保全型の商品(預貯金や保険商品)と投資信託になります。前者は元本が確保される反面利率はあまり高くありません。後者は元本が割れてしまう可能性がありますが、その分運用パフォーマンスが良ければかなりの利益を得ることが可能です。

結局やった方がお得?そのメリットとデメリット

メリットとしては、やはり税制上の優遇措置でしょうか。人によって月々に掛けられる金額は異なるのですが、掛け金は全額所得から控除されるため、その分税金が安くなります。また、運用結果によって得られた利益も非課税となりますので、普通に投資を行うより有利になります。デメリットとしては、運用成績によっては元本割れしてしまう事、また口座管理手数料等がかかってしまう事に加え、運用されているお金は原則60歳までは引き出す事ができないため、あまり流動性は良くない事が挙げられます。

トータルで得になるか損をするかは本当に個人次第というのが個人型確定拠出年金の特徴となりますので、加入される際はよくお調べになった上で利用される事をお薦めいたします。ただ、少々リスクがあるとは言え、人によっては現在の年金制度も元本割れしてしまう可能性が既にある以上、必要以上にリスクを恐れる事はないのかもしれません。

個人型確定拠出年金とは、加入者が毎月掛金を積み立て、60歳以降に受け取る仕組みです。掛金は所得控除の対象になり、また運用益が非課税になる等メリットの多い制度なので、長期的な資産形成に有効です。

間違ってたら意味がない!?イラストの正しい上達練習法

いくら練習しても上達しない

毎日たくさん描いているのになかなかイラストが上達しないと、モチベーションも下がってやる気がなくなりますよね。もしかしたら、練習方法が間違っているのかもしれません。そこで今回は、上達が早くなる正しい練習方法2つを紹介していきます。

資料を参考にして描く

イラストにとって1番大事と言っても過言ではないのは資料です。人物を描くのならば人間の体の構造がわかる資料。風景イラストを描くのならば、街並みや自然などのつくりがわかる資料。このように自分が描きたいと思っている物の資料をしっかり見て書きましょう。

なぜ資料を見ることが大事なのかというと、自分の頭の中だけで考えただけだとバランスや構造を間違ったまま描き続けてしまうことになり、いつまでたっても上達しません。なので最初はしっかり資料を参考にしながら描くことが大事です。

想像力とセンスを磨く

次に大事なのは想像力とセンスです。この二つは才能がある人しか持っていないと思われがちですが、鍛えていけば自然と磨かれるようになります。その方法は、自分の身の周りにあるものに対して常に想像を膨らませるのです。たとえばカッコイイ男の人が描きたいと思った時、街中に歩いてる男の人を観察したり、メンズファッションに興味を持つなどして自分が良いと思うものを拾っていきます。そしてそれをイラストのアイデアとして生かすことによりカッコイイ男の人が描けるようになります。このようなことを繰り返すことによって想像力やセンスが徐々に磨かれていきます。

持続することが大切です

今回紹介したこの2つを、毎日できるだけ長く続けていけば段々上達していきます。1度うまくいかなかったからと言って諦めず持続することが大切です。

イラストの講座ではイラストの基礎知識からデザイン、キャラの描き方や塗り方など様々な事を学ぶ事が出来ます。