相続税を納める期限はいつまでか

相続税とは亡くなった被相続人の相続財産を相続して受け継いだ場合にかかる税金の事です。金額によっては税金が発生しない事もありますが、ある一定の額を超えると相続税の支払い義務が相続を受けた人に発生します。

相続した遺産に相続税がかかる場合は相続した人が相続開始を知った日の翌日から10カ月以内に申告と納税を行う必要があります。これは相続人全員に課せられた義務なので、相続人が複数人いた場合は全員が10カ月以内に申告と納税を行わなければなりません。

もし期限内に申告と納税がされなかった場合はペナルティがあって罰金や利子がつきます。申告や納税がされていない場合だけでなく、されているものの過少申告されている場合でも罰金があります。

相続を放棄する為には

親族などが亡くなって自分に相続権があったとしても必ず相続をしなければいけない訳ではありません。相続とは財産だけでなく、債務を含まれるので残っている資産よりも債務が大きい場合などは放棄する人が多いです。

明らかに相続した方が損だという場合だけでなく、相続後の相続税の事を考えると放棄した方が良いというケースもあるので、相続する前に専門家などに計算してもらう方が良いです。

相続を放棄する為には相続権のある人が相続が発生する事を知った時から3カ月以内に行わなければいけません。手続きは裁判所に対して行いますが、本人が直接行うのではなく、弁護士などの代理人に依頼して手続きをする事もできます。

相続税の相談を横浜に居を構えている相続税に詳しい法律事務所にすれば、簡単に問題を解決してもらうことができます。

相続を受けた時の税金や相続放棄をする方法

You May Also Like