相続税の計算方法は難しくない

税金の計算方法を難しく感じる人は多いですが、相続税の計算は意外と難しくありません。まず、遺産の額から債務や葬儀代、仏壇や墓などの非課税財産の額を差し引きます。次に、生命保険金などのみなし相続財産の額や、相続時精算課税および被相続人が亡くなる前3年間において贈与した財産の額を加算して課税価格を計算します。そして、課税価格から3,000万円に法定相続人一人につき600万円を加算した基礎控除額を差し引き、その残額を法定相続人が民法に規定した割合によって取得したと見なして分割します。この時、相続放棄をしている人も法定相続人に含みますが、欠格事由に該当する人や相続人から廃除された人は含まない点に注意が必要です。そして、分割した金額に税率を掛けて税額を算出し、それぞれの税額を合算したら、その相続税の総額を実際に遺産を取得した人の課税価格に応じて振り分けます。最後に、納税者が被相続人の配偶者および一親等以外の者であれば税額に2割を加算し、配偶者や未成年者であれば税額控除、あるいは贈与税があればそれを控除して、納付する税額を計算します。

節税対策は評価額を下げるか、控除を増やすか

相続税を節税するには、遺産の評価額を下げ、課税価格を抑える方法と、法定相続人を増やすなどして控除額を増額させる方法があります。前者は、住宅取得、教育、子育てなどに係る資金の生前贈与に係る非課税の特例や相続時精算課税、あるいは小規模宅地等の特例などが活用できます。後者は、養子を増やしたり、相続放棄をする事で後の順位の人を相続人とする方法があります。ただし、後者は遺族同士の争いを避ける為に、事前に協議をしておく事が大切です。

相続税の税理士を東京で探しているなら、事務所の特徴を把握することがポイントです。相続税の問題に自信がある事務所が見つかりやすくなります。

相続税の計算方法を理解して節税対策をする!

You May Also Like