人件費を抑えながら会社経営をしたいときに相談

会社の経営は、最初は一人からでもできます。しかし大きくなればどんどん人が必要になります。従業員を雇うようになれば、それらの人に給料を払わなければならず、いろいろな労務費用の負担が出てきます。これらは人件費と言われ、会社の運営にはそれなりの重荷になります。何とか人件費を抑えながら経営ができれば思うかもしれませんが、その時に頼りたいのが社会保険労務士です。社会保険や労働保険の専門家で、労働関係のコンサルタントもしてもらえます。人件費はむやみに下げると法律違反になったり、働きたいと思ってもらえません。法律違反にならず、しかも働きたいと思ってもらえて、さらに会社にとっても負担にならないような方法を教えてもらいましょう。

社会保険や労働保険の手続きの相談をする

一定の規模の会社であれば、従業員を雇用すると社会保険や労働保険の加入手続きが必要になります。書類を国の機関などに送れば行えるので、資格の取得や喪失の手続きなどは比較的簡単にできます。会社の代表者であったり、代表者が指示をした労働者などであれば行えます。しかし、他社等が勝手に代行などはできません。この代行ができるのが社会保険労務士で、この業務はこの資格を持った人しか代行できない仕組みになっています。一般の会社であれば自社でできるかもしれませんが、従業員の入退職が激しい会社であったり、社会保険の手続きが多いような会社では事務が大変になる可能性があります。その時には依頼をするとよいでしょう。給付の手続きなどもしてもらえます。

社会保険労務士の就業規則はとても重要なものなので、社会保険労務士はこの規則をしっかりと守る必要があります。

人件費を減らしたいなら依頼しよう!社会保険の手続きも頼めるよ!

You May Also Like