代理店での見積もりの取り方

これからバイク保険に加入するのであれば、まずは見積もりを取っておいた方が良いでしょう。いろんな保険会社のものと比較しておけば、値段が安いところがわかりますし、自分に合った保険が見つけやすくなるからです。

代理店に行く場合なら、車検証と免許証を持って行きます。すでにバイクや車の保険に加入しているなら、保険証券があるとさらに検討しやくすくなるのです。

それから保険金額に関しても、事前に決めておくと見積もりを取るのがスムーズです。例えば対人や対物は無制限にしておくといった具合です。自分だけでは決められないなら、担当者に聞いておけば教えてくれます。そして見積もり書を作成してもらい、それを持って他の保険会社に行って、同じことを繰り返しましょう。

インターネットを使う場合

パソコンやスマートフォンから各保険会社のホームページにアクセスすれば、見積もりを取ることは可能です。

基本的には代理店で聞かれるようなことを、自分で入力する形になります。新規なのか、契約の更新か、事故の有無や等級といったことです。加えてバイクの車種や年式、対人や対物といった保険内容も専用画面に打ち込んでいきます。

代理店の時と決定的に違うのは、保険に加入する人がすべて判断しなければいけない点です。いざという時に困らないように、ロードサービスや弁護士に依頼できるようにするかといったことなど、隅々までチェックしておきたいものです。ただ、インターネットの方が比較が容易ですし、保険料が割安になることが多いのがメリットです。

バイク保険の見積もりをする際は来店の必要はありません。サイトから簡単に実施可能なのでネット環境とパソコン、携帯電話などがあればすぐにでも取り組めます。

バイク初心者必見!保険に加入する時に行う見積もりのこと

You May Also Like