バイクは車両に関係するトラブルが多い

自動車は正しいタイミングで整備を行っていれば走行ができなくなるほどの車両トラブルに見舞われることはそれほどありませんが、バイクはエンジンなどが露出しており、部品の劣化が早く進みます。そのためツーリング時に動けなくなることも考えられるのです。

ロードサービスを無料で行っていることなど、事故以外のマシントラブルに対応した補償内容を付けておきたいところですね。

車幅が小さくても油断はできません

バイクは自動車よりも保険に対する意識が低いと言われています。所有者の年齢が低いこともありますが、車幅が小さいことから加害者になる可能性が低いと考えられています。しかし油断は禁物。保険選びの際には対人対物共に無制限のタイプを選びましょう。対物を無制限にしても年間の保険料はそれほど変わりません。出会い頭などで歩行者と接触する可能性が十分にあることを肝に銘じておくべきです。また、バイクの事故はほぼ確実に搭乗者が負傷します。自らのケガを補償することも非常に重要と言えるでしょう。

意外と見落としがちな盗難保険

バイクは盗難されるリスクが非常に高いものです。盗難されるのは車両全部ではなく、パーツ単位で被害に遭うことも考えられます。盗難保険によっては部分盗難が補償対象外になっていることも多く、注意しておくべき点です。但し部分盗難までを補償内容にすると保険料が高くなる傾向があります。購入額や購入した時の経済状態などを考慮して払う価値があるかを判断しましょう。屋根付きの車庫に置くなど、盗難に遭いにくい環境を作っておくことも重要です。

バイクに限らず保険料やプランは保険会社によってバラツキがあるため、バイク保険比較を行い、自分に適したものを見つけることが大切です。

自動車保険とは違う、バイクならではの用意しておきたい補償内容

You May Also Like