犬のペット保険について

犬のペット保険はメジャーです。動物病院の診察料や治療費、手術費などを補償します。補償の程度によりますが月々1,000~2,000円の保険料となっています。また歳を重ねるごとに保険料も高くなっていく傾向です。

猫のペット保険について

猫のペット保険も犬のに続いてメジャーです。これも保証内容によりますが月々1,000~2,000円程度ですが、猫は犬に比べて動物病院にお世話になる確率が小さいことから数百円ほど安くなっています。犬と同様に都市を重ねていくにつれて保険料が高くなっていく傾向です。

鳥類のペット保険について

鳥類にもペット保険はあります。小型の文鳥からインコ、猛禽類のフクロウまで数は少ないですが加入できるペット保険があります。気になる保険料は2,000円前後と犬や猫に比べて割高ですが、動物病院での治療費も高いので妥当だと言えます。こちらはペットが年齢を重ねても保険料が一律の場合が多いです。

小型哺乳類のペット保険について

うさぎやハムスター、モルモットなどの小型哺乳類が加入できるペット保険があります。気になる保険料は2,000円前後となっています。

これらの動物は寿命が短く、動物病院でも診察を受け付けてない場合もあり加入するか迷うところです。

ペット保険のまとめと加入のすすめ

大切なペットが動物病院のお世話になると多額の治療費が請求されます。もし異物を誤飲し手術となると10万円ほどの治療費が掛かってしまいます。

ペットに降りかかる災難はいつ来るのかわかりません。そのためにペット保険に加入してみてはどうでしょうか。

ペット保険の比較には、インターネットから簡単に行えます。多頭飼いの飼い主様に強い保険や、とにかくシンプルな保険など、見積もりはすぐ取れるので一度見積もりだけでもとってみてはいかがでしょうか。

知っておきたいペット保険!ペットの種類や金額について

You May Also Like