個人型確定拠出年金って何?

日本では二十歳になると国民全員が何かしらの年金に加入しています。年金は掛け金や貰える金額に差はあれど、基本的には国が一括で管理をし、ある年齢以降になると、決まった金額を月々に貰えるという制度なのですが、個人型確定拠出年金とは、例えば同じ金額を掛けたとしても、運用先のパフォーマンスによって貰える金額が変わってくるという少々個人責任の強い年金制度になります。

選べる運用先って何があるの?

主に元本保全型の商品(預貯金や保険商品)と投資信託になります。前者は元本が確保される反面利率はあまり高くありません。後者は元本が割れてしまう可能性がありますが、その分運用パフォーマンスが良ければかなりの利益を得ることが可能です。

結局やった方がお得?そのメリットとデメリット

メリットとしては、やはり税制上の優遇措置でしょうか。人によって月々に掛けられる金額は異なるのですが、掛け金は全額所得から控除されるため、その分税金が安くなります。また、運用結果によって得られた利益も非課税となりますので、普通に投資を行うより有利になります。デメリットとしては、運用成績によっては元本割れしてしまう事、また口座管理手数料等がかかってしまう事に加え、運用されているお金は原則60歳までは引き出す事ができないため、あまり流動性は良くない事が挙げられます。

トータルで得になるか損をするかは本当に個人次第というのが個人型確定拠出年金の特徴となりますので、加入される際はよくお調べになった上で利用される事をお薦めいたします。ただ、少々リスクがあるとは言え、人によっては現在の年金制度も元本割れしてしまう可能性が既にある以上、必要以上にリスクを恐れる事はないのかもしれません。

個人型確定拠出年金とは、加入者が毎月掛金を積み立て、60歳以降に受け取る仕組みです。掛金は所得控除の対象になり、また運用益が非課税になる等メリットの多い制度なので、長期的な資産形成に有効です。

個人型確定拠出年金「iDeCo」についてご紹介!年金との違いは?

You May Also Like