時効援用が成功したら借金はゼロになる!

時効援用とは、簡単に言うと「借金の請求権が時効にかかったので、請求ができなくなりました。」ということを主張することです。消費者金融や銀行からの借金なら最後の取引から5年で時効にかかります。借金が5年間も放置されていると、債務者は「もう請求はこないかな?」などと考えて、借金のことを考えずに生活をしているかもしれません。そういった期待はある程度は守られるべきであり、忘れかけていた借金によって生活が脅かされることはなくしたほうがよいという考え方なども時効制度がある理由の1つとなっているようです。逆に、借金の債権者は権利を放置していてはならず、しっかりと請求をしなければならないということでもあります。消費者金融や銀行からの借金が5年間放置されていて、その間にいっさい支払いなどもしていなければ、時効の援用をすることができます。成功すれば借金の返済義務はなくなるので、ゼロになると考えてよいです。

デメリットもあるので注意

時効の援用をすると、借金の返済義務はなくなりますが、本人の意思で返済をすることは自由です。また、時効にかかっていても援用をするまでの間に1円でも返済をしてしまうと借金の存在を認識して返済の意思を示したことになり、時効がリセットされてしまうことには注意が必要です。時効が成立させるまでの間はずっと延滞をしている状態になります。消費者金融や銀行から借りている場合には、信用情報にずっと延滞の記録が残り続けていることになります。基本的には狙ってやるものではなく、偶然借金の存在が放置されていた場合に、その返済義務から逃れるための方法であると考えておきましょう。

日本の法律では、借金などの債権に対し、時効が定められています。定められた期間を経過した後、時効援用すると、返済の義務がなくなります。

時効援用をすることで借金はどのくらい軽減されるの?

You May Also Like