不安の毎日を少しでも楽にするための一歩

お子様の不登校に悩んでいる親御さん、毎日ご自分を責めたり不安になったりしていませんか?家族が今より少しでも楽になるために、不登校の様々な原因を探ってみようと思います。

不登校になるのは、どんなことがきっかけ?

子どもは、学校や家庭の影響を受けながら少しずつ心の成長を遂げていきます。そしてその世界は大人よりも狭く浅い状態ですから、その環境から受ける刺激によって、心の成長を促す一方で悪化する方向に行ってしまうことがあります。家庭の外での環境、例えば学業不振やいじめ、転校などによる変化が考えられます。また、その他にも事故に遭遇したり災害などにあったりすることも原因となり得ます。そんな中でも家庭内がより良く機能していると、ストレスが緩和されることがあります。ですから、少し大変なのは家庭での出来事の場合です。親族の死や両親の不仲、虐待などがある場合は、少し不登校を長引かせてしまう可能性が考えられます。

では、どんな風に良い方向に持っていったらいいでしょうか。まずは内科か小児科を受診しましょう。気になる症状を伝えたら、違う病院を紹介してくれます。もしも抵抗がなければ、直接心療内科に通ってみましょう。また、児童相談所や保健センター、教育相談機関などに相談するのも良い方法です。これらの中からお子様の抵抗のない場所へ行ってみるのが一番良い方法です。専門の方の意見を聞きながら、まずはお子様をたくさん休養させましょう。親自身が自分の心やお子様の心と向き合う良い機会と考えて、プラスの気持ちで過ごすことが大切です。先生と相談しながら、薬の使用やカウンセラーなどとの対話を通して、ゆっくり治療して行くことが大切です。

不登校には、それぞれの理由があります。子供は学校という社会の中で戦っています。傷ついているときはやかましく言わず、そっとしてあげて、元気を充電してあげることが大切です。

不登校の原因は何?!焦らずにこうやって対処しましょう

You May Also Like